ウォーターサーバーで安全な水のある生活を

バナー

ウォーターサーバーで安全な水のある生活を

ウォーターサーバーは、天然水やろ過された水を常に確保しておく目的で設置される給水器です。

多くのものには給湯機能もついており、天然水を用いたお湯の供給もできます。



元々はオフィスなどに設置されることが多く、個人の使用は、不純物が混ざった水道水を嫌う赤ちゃんのいる家庭が主要なターゲットでした。
しかし東日本大震災とそれに伴い発生した原子力発電所の事故による、水の安全性への関心の高まりから、幅広い層へ需要が拡大しています。



ウォーターサーバーは購入するのではなく、レンタルするスタイルが主要です。

基本的なサーバーのレンタル料は多くの業者で無料となっていますので、手軽に導入できるのが利点です。

ランニングコストとして、サーバーを動かす電気代がいるのは当然ですが、それ以外に水にかかるお金があることを知っておく必要があるでしょう。



ウォーターサーバーに使われる水は、自然から取り出した天然水や、専用の工場でろ過作業を経た水です。


これを専用のタンクに入れて運用しますので、水の購入はタンク単位になります。
また常に新鮮な水を確保するために、一定期間で次のタンクが送られてきます。

次のタンクが来たら前のタンクは交換です。
その為、一定期間の間にタンクの水を使わないかったら、残った水は無駄になってしまいます。

料金はタンク単位でかかりますので、経済的にも損失が発生します。その為、自分が期間内に水を消費しきれるのか、考えてから導入しましょう。