ウォーターサーバーの水の種類

バナー

ウォーターサーバーの水の種類

昨今の日本では、生活を豊かにするさまざまなアイテムが、私たちにたくさんの便利さを与えてくれています。

その中でも最近少しずつ広がりを見せているのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーを家庭に導入するときには、サーバー本体の機能に目が行きがちになります。

さまざまな機能を持ち合わせているサーバー本体は、確かに使い勝手が良く、さまざまな便利さを与えてくれます。
例えば、お湯の温度設定ができるものでは、自分たちが普段良く利用する温度に設定をしておくことで、いつでもすぐに利用できるようになるのです。例えば、赤ちゃんがいる家庭では、ミルク作りがスムーズになるため、赤ちゃんがお腹をすかせて愚図っている時間が短くなります。


このような機能面も大事なのですが、忘れてはならないのが、水の種類についてです。



ウォーターサーバーを提供する各メーカーでは、さまざまな種類の水を用意しています。大きく分けると2つに大分類することができます。


ひとつは天然水で、もうひとつはRO膜水です。

天然水は、市販のペットボトルでも多く販売されているため、ほとんどの人が飲んだことがあることでしょう。
ミネラルが豊富に含まれているため、健康に良いとも言われています。


もうひとつのRO膜水とは、人工のRO膜という高性能なフィルターで濾過した水です。

この水は非常に純度が高くなっているため、とても安全性が高いことが特徴です。



赤ちゃんや高齢の方、病み上がりの方などには最適と言えます。